疲れとストレスのせいで過食する|低血糖状態が疲労を生み出すので注意を

疲れやイライラで「食べてストレス発散」はできません!むしろ余計疲れが残って、イライラしますよ。

無駄食い、ドカ食いをして太りたくないですよね?元の体系をキープしたいですよね?

わかっているけど・・やめられない。その気持ち、すごくわかります。

でも、いつの間にか「食べること」で発散したつもりになるんですよね。ストレス解消の、一つの手段みたいに。

ちょっと思い出して欲しいのですが。

いざ食べ終わったら、「あースッキリした!」となって疲れ解消、イライラもしなくなった。

そんな経験を持っている人、どれくらいいるのでしょう?

後悔ばかり残って、余分なお肉ばかりが残ってしまった・・私のことですが。

だから我慢しましょう!とは言いません。それが欲求なのですから。

「疲れる⇒イライラ⇒食べ過ぎる⇒太る」のスパイラルを抜け出すには、どうすれば良いのでしょうか。

-PR-

イライラがすべての原因?

疲れをとれば、イライラがなくなってくれるのに・・。と私も思いました。

でもどういうわけか、寝ても寝ても体が重いしつらい。

それって、体が疲れているんじゃなくて、ストレスで疲れているみたいです。

純粋に体が疲れていれば、寝れば回復します。

でもストレスによって「新たな疲れ」が生まれるようです・・。

「疲れる⇒イライラ⇒食べ過ぎる⇒太る⇒イライラは残る⇒さらに疲れる・・」

食べても基本的に、ストレスが無くなることはないようです。

イライラなどのストレスを感じると、「活性酸素」が生まれます。

「活性酸素」が、新たな疲れを生み出す原因なんです。

活性酸素自体が疲れを生みはしませんが、活性酸素を除去する体の働きで「疲れ」が生まれてしまうようです。

おさらいすると、

はじめは、体が疲れて、ストレスがたまる。ストレスがたまると、さらに「疲れが」増える。

疲れが増えると、さらにイライラしやすくなる。その結果、食べて発散したくなる。

これじゃあ、体重ばかり増えてしまいますよね・・

では一体、どう対策をすればよいのか。

「活性酸素」を無くすケアをすれば、ストレスがあっても新たな「疲れ」が出なくなります。

-PR-

-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ