疲れるとすぐ微熱がでる子供は、心因性発熱の可能性が大!

うちの子、疲れるとすぐ熱を出す・・。という症状で
困っているお母さんは、意外と多いようです。

風邪をひくと熱が出るのは当然だけど、
咳がでたり、鼻水などの症状は一切無い状態。

微熱が続くが、時間がたつといつの間にか治る。
夜寝て、朝起きたらケロッとしていたり。

お子さんが元気になるのはいいけれど、
原因がハッキリしないから、不安になりません?

・運動会など、イベントがあると熱が出る。
・幼稚園から帰ってきたら、微熱。
・お出かけした後に、必ず発熱する。

そのお子さんによってパターンは違いますが、
特定の状況で、いつも決まって熱がでませんか??

どうして起こるのか、調べてみました。

-PR-

風邪以外にも熱は出る

風邪以外にも、熱が出ることはあります。

疲れがたまったり、ストレスを感じていたりすると
「発熱」
する原因になるのだとか。

一見、無関係なので、どうして??と思いますよね。

疲れ・ストレスが溜まると「活性酸素」というものが
子供の体内に生まれて、熱が出てしまいます。

活性酸素って何でしょう?(T_T)

わたしたちは、日々生きている上で「酸素」を使います。
酸素って、呼吸だけじゃなくて運動するためのエネルギーに
使われるものなんですね。

疲れたり、ストレスがたまると体が興奮状態になります。
そうなると、体はその分エネルギーが必要になり、
酸素もた~くさん、必要になってくるんですね。

酸素をたくさん使えば使うほど、活性酸素と呼ばれる
悪玉の酸素が、体に残ってしまうらしいのです。

悪玉の酸素は、体のいろいろな細胞を傷付けます。
その結果、体温調節の指令を出す「脳」の細胞を傷付けて
体温管理が、一時的にできなくなります。

もちろん一時的なものなので、障害が残ることはないですが
「発熱」の状態が、一定期間続いてしまいます。

このように言うと、体にウイルスが入ったような
イメージを持つ方も、いるかもしれません。

でも、そこまで深刻なものではないので、ご安心ください。
活性酸素は、私たちが生きていく以上は誰でも生まれます。

疲れやストレスが原因で起こる熱を「心因性発熱」と言います。

-PR-

対処方法は?

風邪を引いたらお医者さんですが、
この場合は病院でも効果的な治療法がありません。

薬で熱を抑えることができないからです。
なぜなら、特にウイルスに冒されているわけではないので・・

疲れやストレスを感じる状況を、可能であれば避けてあげる。
熱が出そうな場面になったら、早めに体を休ませてあげる。

とにかく無理はさせず、安静にしてあげることが一番です。

熱が1日以上長引く、他の症状も出てきたというのなら
そのときは病院で診てもらうのが良いです。

-PR-

-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ