毎日疲れやすい30代の男性へ|疲労を蓄積しない為のとっておきの秘訣

20代のころとは違って 一段と疲れやすくなった。
働き盛りの30代男性は 毎日がとにかく大変。

30代ともなると家庭をもったり 部下を持ったり
責任が20代の頃より増える方が多いもの。
やりがいや生き甲斐を感じる一方 プレッシャーも。

会社員の男性だと 平日は終電まで毎日働いている。
休日出勤もたまにあるという方も多いと思います。
それにプラスして 家庭や仕事の責任感も増す。

肉体疲労だけかなと感じている方も 精神的疲労も
ため込んでいるのが30代の実態なんです。

たしかに20代の頃より体力は落ちる人もいますが
そうした精神的負担によって疲れを感じることも。

30代男性が感じる疲労感

・仕事中でも異様な疲労感を感じることがある。
・家に帰っても食欲がなくて 直ぐ寝てしまう。
・性欲減退し 夫婦生活もおろそかになりがち。
・休日は寝て過ごし 家庭サービスもできない。
いくつか当てはまる方も 多いかと思います。

疲れの原因

なぜこんなに疲れてしまうのか。
肉体疲労と精神疲労に分けて紹介します。

肉体疲労

・長時間同じ姿勢でいることによる疲労感。
 デスクワークの方は座ったままで
 接客業の方は立ったままになります。

 →同じ姿勢で長時間いると 全身の血流が悪化。
  疲労の元となる老廃物や疲労物質が蓄積し
  疲れがたまってしまうんです。

・力仕事をしている方は 筋肉の疲労が原因。
 筋肉疲労は乳酸という疲労物質が生まれてしまい
 それが体内に残ることで 疲労を感じます。

精神疲労

・ストレスをためることで 体内にある活性酸素と
 呼ばれる酸素が発生します。
 この活性酸素が体内で疲労物質を生み出してしまい
 それが血液中にたまっていくんです。

疲れの対処方法

具体的に 蓄積した疲労に対してどういった対策を
するのが望ましいのでしょうか。

方法は2つあって
・疲労物質自体を解消する方法
・疲労が蓄積しにくくなる方法
があります。

疲労物質対策

疲労物質解消には 体内に直接「抗疲労物質」を
取り入れることが重要になります。
・ビタミンB1はにんにくのアリシンと一緒に摂取すると
 疲労物質の解消に強い効果を発揮します。
・鶏の胸肉に含まれる「イミダペプチド」も効果的。
・即効性を求めるなら「クエン酸」がベスト。
・タウリンも良いですが栄養ドリンクで摂取すると
 肝臓に負担がかかるので 良くありません。

疲労蓄積を予防

血行を促進することが何より大事。
・ウォーキングで代謝アップ
・半身浴でぬるめのお湯につかる
・血行促進する黒酢やにんにくをとりいれる

こうした対策を行うのが良いでしょう。

-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ