活性酸素が熱を生み出す原因|解消するにはイミダペプチド

心因性発熱を抑えるには活性酸素を除去することが大事のようです。

そもそも活性酸素は何者なのか?というところと、その対処方法について調べてみました。

1.活性酸素とは?
2.発熱する仕組み
3.解消するには?

1.活性酸素とは?

疲れたり、イライラすると「熱が出やすい」という方へ。

風邪でもないのに発熱するのは「活性酸素」がどうやら原因らしいのです。

「活性酸素」とは誰の体にもあるもので、外部からの細菌をやっつける働きがあります。

ただ、この活性酸素、外部からの「敵」に働く反面自分の体の細胞も傷付ける欠点もあるのだとか。

活性酸素は、激しい運動やストレス、疲れなどにより大量に生まれる特徴があるみたいなんですね。

たくさん発生すると、その分自分の体の細胞の攻撃が活発になるので、色々な問題が起こってくるらしいです。

2.発熱する仕組み

活性酸素は「脳」の細胞も攻撃します。それが「発熱」の直接の原因なんだとか。「?」って思いますよね。

調べてみたところ、人間が体温調節できるのは「脳」で指令を出しているからなのだとか。

脳からの指令で、体内を流れる血流の量を調節して、体温を上げたり下げたり。

活性酸素で「脳」の細胞が傷付けられると、体温調節機能が誤作動を起こして発熱しやすいようです。

おさらいすると、
「疲れやストレス⇒活性酸素が生まれる⇒脳細胞を傷付ける⇒体温調節ができなくなり、発熱」というサイクルができます。

-PR-


3.解消するには?

発熱を防ぐには、疲れやストレスを取り除くことも必要ですが、簡単にはいきませんよね。

「活性酸素」をやっつけることで、疲れやストレスが溜まっても発熱しにくくなるようです。

活性酸素を除去する方法を調べてみたところ、直接作用して取り除く効果があるのは「イミダペプチド」成分なのだとか。

(参考:大阪市立大学大学院 イミダペプチド成分について

イミダペプチド成分を摂るには?

イミダペプチドは、鶏の胸肉に含まれてますが、大量の鶏肉を毎日食べなければならないという難しさもあるようです。

しかもこの成分、急激な熱に弱いらしく「炒めたり」「焼いたり」すると有効成分が逃げやすくなるのだとか。

じっくり胸肉を「煮る」のがベストとされていますが、その料理を継続して作るのは正直微妙な気が・・(^_^;)

イミダペプチドを効率よく摂る方法を調べてみたところ、どうやらソフトカプセルがあるみたいですね。

毎日無理なく続けられて、必要量をしっかり採ることができるのだとか。

本当に効くのかな?と半信半疑になるかもしれませんが、お試しできるモニター制度というのもあるみたいです^ ^

安くお試しできますし、合わなかったら使わなければ良いだけなので、発熱に悩んでいる方は一度トライするのも手ですよ(^o^)

イミダペプチドのお試しモニター⇒

-PR-


-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ