疲れやすいのが悩みの20代男性|疲労回復に良い方法と悪い方法を紹介

まだ20代だというのに、仕事の疲れが取れないのはいくつかの理由があります。

純粋な肉体疲労の場合もあれば、精神疲労が疲労感を招いているケースもあります。

それぞれの疲労のタイプと、効果的な解消法について紹介したいと思います。

-PR-

まだ若いのに、どうして疲れやすい?

一般的には30代後半から40代を迎えるにあたり、体の衰えを感じる傾向にあります。

一般的な「老化現象」です。ただ少なくとも20代では、肉体的な「衰え」が原因ではありません。

20代で肉体疲労を強く感じる原因は2つあります。

「体力以上に体を使うことが多い」か、「睡眠時間が純粋に削られて疲労が抜けない」というパターンのいずれかです。

前者の場合は、体に蓄積した疲労物質である「乳酸」が蓄積しているのが大きな原因です。

乳酸自体はエネルギー源になるもので、必ずしも悪い物ではないのですが、溜まりすぎると疲労を感じる元になります。

肉体疲労を回復させるケア

体にいかに、乳酸を溜めないかがポイントになります。

[乳酸を取り除く方法]
・血行促進する
・ビタミンB1を取り入れる
この2つが、直接乳酸を排出するのに役立ちます。

血行が悪いと、本来は老廃物の回収の際に一緒に乳酸も除かれるはずが、そのまま残ってしまいます。

デスクワークをしている方は特に、同じ姿勢ですごしていると血流が下半身に滞る傾向があります。

極力同じ姿勢をとらず、立ったり座ったりということを心がけましょう。

また、入浴時にはふくらはぎを刺激してあげると、血流がスムーズになります。

ビタミンB1は、直接乳酸を分解する効果があります。

卵黄やレバーなどの食事も良いですが、にんにくも大事。

にんにくのサプリを併せてとることで、ビタミンB1の吸収力アップが期待できます。

●疲労回復の新定番、「へとへと」な体に効く「イミダペプチド」

イミダペプチドのサプリメント

睡眠が思うようにとれなくて疲れている

ブラック企業という言葉が一般的になっていますが、それに近い激務で働いている方もいらっしゃるかもしれません。

いつも終電ギリギリで帰宅して、家についたら食事してお風呂に入って、睡眠時間もままならない・・というケースも。

もっと寝たいけど、眠る時間が十分に取れない場合については、どう対処していけば良いのでしょうか。

何時間くらい眠って、疲労を残さない睡眠の取り方はあるのか。

その辺をまとめましたので、下記のページを参考になさってみてください。

短い睡眠でもしっかり疲れを取り除くには >>

疲労回復に「マカ」が良い


小林製薬「マカEX」

日頃からの疲れを、サプリでケアするというのも一つです。

肉体疲労と言えば「にんにく」をイメージされるかもしれませんが、臭いが気になるもの。

疲労回復に効果があるとして、注目されているのが「マカ」。

精力増強というイメージが強いかもしれませんが、滋養強壮に効果がある成分でもあります。

ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸と栄養の宝庫なんですね。

普段から疲れやすい方は、マカのサプリを飲んで見るのも一つかもしれません。

マカのサプリなら、小林製薬から『マカEX』というのが発売されています。

サプリはいろいろなメーカーから出てますけど、大手製薬会社が作ったサプリというのは珍しいです。

品質が厳しく求められる医薬品で培ったノウハウを、サプリに応用しているので品質のレベルが違います。

男性用の滋養強壮サプリとして、開発されたのが「マカEX」なんですね。

疲れにくい体を作るのに、こうしたものを使ってみるのも良いかもしれません。

小林製薬の「マカEX」セットの公式ページへ

実際に「マカEX」を試してみた感想はこちら

-PR-


-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ