疲れると偏頭痛が起こる方には予防サプリ!

不意に頭を襲ってくる、脈打つ痛み・・サプリで起こらないように予防はできるの?

偏頭痛に悩まされている方は、日本国内だけでも300~800万人にのぼるともいわれています。身近に同じような人がいなくて、孤独な思いをされている方も多いかもしれませんが、それだけ潜在的にいるということなのです・・。

厄介なのは、はっきりした原因も治療法も確立させていないというところではないでしょうか。

“だましだまし”やりすごしていくしかないワケで、早く特効薬が生まれればよいのですが・・。偏頭痛が少しでも起こらないように、予防できるサプリは一体どういうものかを、紹介したいと思います。

サプリ選びの参考にしてみてください。

1.偏頭痛をケアするのが先?疲れをとるのが先?

不意に襲ってくる「ズキンズキン」もしくは、「ドクンドクン」と波打つような痛み。この辛さは、なった人でなければわからないものです・・。

「疲れると偏頭痛が起きやすい」ということに、今のところ明確な因果関係があるわけではありません。

疲れもとりつつ、偏頭痛の原因を取り除いていく、というケアが現実的ではあります・・。

どちらも同時にケアできるサプリは、現時点ではありません。そのため「疲れを優先してとる」のか「偏頭痛のケアを優先する」のかのいずれかになります。

偏頭痛の痛みが耐えられない、少しでもケアしたいのであれば「偏頭痛のケア」を、根本から偏頭痛が起こりにくい状態にしたいのであれば、「疲れを優先してとるケア」にするのがオススメです。

~参考:偏頭痛とは?~

すでに偏頭痛について調べている方は、この部分を読み飛ばしていただいて構いません。

そもそも偏頭痛とは、どういった症状を指すのでしょうか?

頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状がでることを指します。

人によっては動くと脈打つ感覚がひどくなるので、仕事や家事などが手につかず、安静にしなければならない場面も増えてきます。

神経の高ぶりも症状の一つとしてあり、偏頭痛が起こるタイミングで、聴覚過敏になったり、閃輝暗点(せんきあんてん)が出ることもあります。

※聴覚過敏=音を感じ取る器官が過敏になり、今まで気にならなかった音が急に耳障りに聞こえる。

※閃輝暗点(せんきあんてん)=視野の中にチカチカ光る小さな点があらわれること。

2.疲れに効くサプリ

まずは、疲れの元をケアしていくサプリから紹介します。

単に滋養強壮のものではなく、自律神経を整えるものをここではおすすめしたいと思います。

仮に疲れによって偏頭痛が起こっているのであれば、疲れた体を動かそうと「交感神経」が興奮して、その結果偏頭痛にも影響を及ぼしている可能性が高いのです。

交感神経がは自律神経の一つで、疲れで常に興奮状態にあると「交感神経」が常に活性化してしまうのです。交感神経の活性化が自律神経の乱れにつながります。

偏頭痛の原因の一つが「自律神経説」にありますので、乱れた自律神経を安定させることで症状の改善を狙っていきます。

自律神経を整えるサプリ

〇ミネラルを多く含むもの

〇エネルギーを生み出す、滋養強壮効果があるもの

の2つの条件をクリアするサプリメントを紹介します。

ミネラルは、わたしたちの体の神経伝達がスムーズに行われるようにサポートするものです。

ミネラル不足になると、脳から体への神経伝達がうまくいかず、自律神経が乱れやすくなるのです。

白井田七

高麗人参という、滋養強壮効果のある成分を中心としたサプリです。ここに配合されている高麗人参の「田七人参」は、ミネラルがとにかく豊富なのです。

亜鉛・マグネシウム・ナトリウム・カリウムといった、神経伝達に必要なミネラルを広くカバーしています。もともとが高麗人参の疲労回復効果もあるので、疲れをケアしながら自律神経を整える働きが期待できます。

もともとは女性の健康維持のためのサプリですが、疲労回復・ミネラルと成分が豊富ですので「疲れによる偏頭痛」のケアとしても力を発揮してくれそうです。

きなり

青魚に豊富に含まれる「DHA/EPA」を豊富に含むサプリメントです。

DHAは精神安定効果を生む「セロトニン」の生成を促す成分として、注目を集めています。

偏頭痛は自律神経の乱れが原因の一つと言われていますが、興奮状態にある自律神経を鎮めるものとして「セロトニン」がとても大事な働きをしているのです。

DHAは、血液をサラサラにする働きもありますので、体の老廃物や水分を流して、疲れにくい体にする働きも期待できます。

3.偏頭痛によいサプリ

偏頭痛の症状を抑えつつ、偏頭痛が起きにくいように予防したい方に、おすすめのサプリを2つ紹介します。

ズキラック

医療機関でも取り扱いのあるという、珍しいタイプの偏頭痛サプリメントです。それだけ病院の先生からも支持されているということと、有効な薬がないということの裏返しでもあります。

ビタミンB2、マグネシウム、フィーバーフューいう成分をメインとしており、これらの成分は日本頭痛学会でも偏頭痛の予防に効果があると発表されています。

特にフィーバーフューはセロトニンの分泌を調節、血液の流れをスムーズにする、神経の炎症を抑えるなどの幅広い効果が期待できます。

女性の方ですと、ホルモンバランスの乱れも原因の一つですので、乱れをサポートするイソフラボンを配合しているのもポイントです。

ずきしらずの実

フィーバーフューとマグネシウム、そして神経の炎症をしずめるオオイタドリという成分を配合しています。

このメーカーは、社内に健康管理士が常駐しているので、何か不安なことがあれば相談できるという強みがあります。

ただ、主要成分以外の成分が不透明ですので、信頼度という面では「ズキラック」をおすすめします。

-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ