貧血で普段から疲れやすい人のサプリ|色々な不調をスッキリできるのは?

すぐに貧血を起こすし、疲れやすいのも貧血のせい?何かサプリで予防できないの・・?

昔から貧血気味で「顔色が良くない」、と言われることが多くありませんか。

すぐふらつきがでるし、人より体力がなくて虚弱気味だったり。「せめてもう少し、毎日を元気で過ごせたら・・」と思うかもしれません。

レバーを食べたり、鉄分があるといわれるものをたくさん食べても、どうも貧血も疲れも解消しないという方も多いです。

「貧血もちだと、疲れやすいのは本当?」
「どんなサプリを飲めば、貧血が改善する?」

気になる疑問に、お答えしていきたいと思います。

1.どうして貧血だと疲れやすい?

「疲れやすさ」と「貧血」は、無関係ではありません。ではどうして貧血もちだと、疲れやすくなるのでしょうか。

貧血が頻繁におこるというのは、「脳が酸素不足を起こしやすい」というのが大きな原因です。本来は脳や全身には、血液にのった酸素が常に供給されていなければならないのです。

脳が酸素不足になると「めまい・倦怠感・だるさ」といった精神的な疲れにつながりやすくなります。体の疲れと精神的な疲れはどちらも、脳で感じますが本人は「体の疲れ」と勘違いすることも多いのです。

血行不良になると、肉体疲労も残る

貧血気味の方ですと、脳だけでなく全身が「酸素不足」に陥っている可能性が高いのです。

もともとは血液にのって、全身の各場所に「酸素」がくまなく運ばれていきます。酸素が脳にも全身にもしっかり回らなければ、細胞に酸素や栄養分が届かず「エネルギー不足」になるのです。

体を少し動かしただけでも、いわゆる「ガス欠」を起こしたような状態になってしまいます。また、酸素と引き換えに細胞の「老廃物」の回収も滞りますから、疲れがどんどん蓄積していきます。

貧血になると「体の踏ん張りが効きにくい・疲れが残りやすい」という状態になりやすいのです。

貧血になるのは、鉄分不足だから

女性に多いと言われている貧血ですが、女性には生理があるので血液とともに鉄分が逃げやすいからです。

鉄分不足になると、酸素を運搬する「ヘモグロビン」が作られなくなり、血液の流れが悪くなります。ヘモグロビンが少ないので、酸素や栄養分が行き届かず、老廃物の回収もままならないという問題がおこります。

~貧血の種類について~

一般的な貧血といえば「鉄欠乏性貧血」になります。慢性的な鉄不足によって、引き起こされるものです。

ただ他にも『病気が原因の貧血』というのもあります(溶血性貧血・再生不良性貧血・腎性貧血)。

体の不調がどんどん重くなっていく、血液関係の数値が改善しない、というのであれば早めに医療機関に見てもらいましょう。

2.鉄分をおぎなうと、体はこう変わる

鉄分不足が解消されると、貧血や疲れにはどのような効果が期待できるのでしょうか。症状別に、見ていきましょう。

動悸・息切れに対する効果

ふいに心臓がどきどきしたり、脈が速くなるのは「血液の流れが悪い」からです。

鉄分をおぎなうことで、ヘモグロビンが運ぶ血液の量が増えますので、心臓が無理して血液をたくさん送り出さなくてもよくなります。

その結果、ドキドキや息切れすることが少なくなります。

やる気がでない、倦怠感

鉄分をおぎなうと、血液にのって脳の細胞にも酸素がいきわたりやすくなります。脳の働きが良くなるので、倦怠感ややる気といった「うつ症状」も改善していきます。

顔色が悪い(くすみ・青白い)

鉄分をおぎなうことで、ヘモグロビンが酸素をしっかり乗せて運んでくれます。顔が浅黒いなど「くすみ」がでるのは、顔を流れる血液が濁っている証拠なのです。

酸素不足の血液は「暗い赤色」になり、酸素と結合した血液は「鮮やかな赤色」になります。

立ちくらみ・めまい

座った状態から急に立ち上がると、お腹のあたりにたまっていた血液を、一気に上半身に引き上げる働きが必要です。

鉄分不足ですと、そもそもの血液の流れが弱く、立ち上がった時に脳に提供される酸素が間に合わず「一時的な酸欠」の状態になるのです。

疲れ

鉄分をおぎなうことで、全身に血液にのった酸素がいきわたりやすくなります。その結果、老廃物の回収もスムーズにいくので疲労がたまりにくくなります。

このように、鉄分不足を解消することで、貧血や疲れに関するいろいろな症状を緩和する効果が期待できるのです。

鉄分は毎日の食事でもおぎなえますが、食べ物からの鉄分の吸収率は30%にも満たないというデータもあり、サプリメントでうまく相互補完していくことが大事と言えます。

3.どんな鉄分サプリがいい?

では、鉄分サプリはどういったものを飲めばよいのでしょうか。

鉄分サプリを選ぶときに注意すべきことは、「合成」ものを選ばないという点です。

サプリは実は「合成」と「天然」ものの、2つに分かれるのをご存知でしょうか。食べ物から抽出して作られたものを「天然」もの、人工的に作られたものが「合成」ものになります。

天然ものでなければ、体への吸収率が格段に落ちてしまいます。

値段の安さといつでも買えることから、ドラッグストアの安価なサプリに手を出す方がいますが、ほとんどが合成ものですので、続けた割には大きな効果が期待できないので、おすすめできません。

食べ物から鉄分を抽出した「天然」の鉄分サプリを選ぶようにしましょう。天然ものを3つ、紹介したいと思います。

美めぐり習慣

吸収率の高い「ヘム鉄」をたっぷり配合したサプリメントです。レバーから抽出しているので、天然の鉄分サプリとして九州の良さが期待できます。

配合量も10mgと、鉄分サプリの中ではトップクラスですので、質・量ともに鉄分の質にこだわりたい方におすすめです。

白井田七

高麗人参をベースにしたサプリメントです。鉄分だけでなく、各種ミネラルやビタミンも充実しており、栄養補給による疲労のケアも期待できるものです。

鉄分だけで考えると、美めぐり習慣の方が中身は充実していますが、このサプリだと日ごろの疲れのケアもできるというメリットがあります。

-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ