ヘモグロビンとフェチリンを増やすサプリ|鉄欠乏症は改善できるもの?

鉄分不足を、普段から感じている・・どうやったら値を増やすことができるのだろう?

女性の方ですと、慢性的に鉄不足になっている方も多いです。普段から貧血や立ちくらみがしたり、低血圧の症状があったり・・

健康診断の数値で、鉄分に関する値が低い方もいるかもしれません。

血液の状態を示すものとして、代表的なのは「ヘモグロビン」と「フェチリン」の2つです。いずれかの数値を改善したい・・と思いこのページをご覧になる方も多いと思います。

どうすれば、数値を改善できるのか?また、どんなサプリを飲むのが効果的なのか?について、お話したいと思います。

1.ヘモグロビンやフェチリンが少ないと、どうなる?

ヘモグロビンとフェチリン、それぞれが少ないと、どうなるのでしょう。おさらいの意味も含めて、2つについて紹介したいと思います。

ヘモグロビンとは?少ないと、どうなる?

ヘモグロビンとは、赤血球の中の一つです。ヘモグロビンの大事な働きは、酸素と結びついて身体のすみずみに酸素を送り届けることです。

ヘモグロビンの値が低いと、貧血の症状や疲れやすさや倦怠感といった症状が出ます。

脳に酸素が送られにくくなるので、頭がぼーっとしたり立ちくらみをしたりすることが多くなり、血液の流れが悪くなるので疲れの元となる老廃物の回収が、うまくいかなくなるからです。

鉄分やたんぱく質がないと、ヘモグロビンが作られません。そのため鉄分不足になっている方ですと「ヘモグロビンの値」は低く出る傾向があります。

フェチリンとは?少ないと、どうなる?

フェチリンとは、体の中で蓄えられている鉄分のことを指します。体の中で鉄分が作られると、まずはヘモグロビンに使われますが、残りの分を蓄えておく「倉庫」のような働きをするのです。

おもに「肝臓」の中で、蓄えられています。

体が鉄分不足を感じると、フェチリンから必要に応じて鉄分が出されます。体内の鉄のおよそ70パーセントは赤血球のなかのヘモグロビンで、残りがフェチリンとして蓄えられています。

フェチリンが少なくなると、ヘモグロビンが少なくなり「酸素を運搬」する働きが弱くなり、貧血などの症状が起こるようになるのです。

2.何を、どうやって増やせばいい?

ヘモグロビンもフェチリンも、直接狙って数値をあげることはできません。どちらもベースになるのが「鉄分」ですので、コツコツ鉄分をおぎなう以外にありません。

鉄分をどのくらいとれば、ヘモグロビンやフェチリンが増えるのかを判断することはできません。鉄分は常に消費されるものですので、「これだけとれば大丈夫」というものはありません。

ただし、いくら数値を増やしたいからといって、過剰に摂りすぎるのはよくありません。1日に40mg以上とることが続くと、めまいや嘔吐などの症状がでる危険性があります。

普段の食事で頑張っても、平均10mgもとることはできませんから、よほどサプリを大量に飲まない限りは大丈夫かもしれません。とにかく、サプリは定められた量をしっかり守るようにしましょう。

量をたくさんとるよりも、「毎日継続してコツコツとる」ことの方が大事です。私たちの体の細胞は日々生まれ変わっていますが、実は血液も「新陳代謝」が起こっているのです。

およそ3~4か月かけて、今の血液は新しい血液に生まれ変わるといわれています。少なくともその期間は、コツコツ服用することを心がけていきましょう。

もちろん、数値をあげるのに必ずその期間かかるということではありません。ご自身の鉄分の状態によって、すぐ回復する人もいれば時間がかかる人もいるということです。

3.どんな鉄分サプリがいい?

では、鉄分を増やすにはどういったサプリが良いのでしょうか。やみくもに鉄分の量が多ければよいというものではなく、今のご自身の体調にあわせたサプリ選びをすることをお勧めします。

鉄分+肉体疲労

フェチリンやヘモグロビンの値が低く、普段から疲れやすい・・という方は「すっぽん小町」を飲むことをおすすめします。

すっぽんには滋養強壮効果があるだけでなく、鉄分などのミネラルも豊富なものです。鉄分をおぎないながらも、日々の体の疲れをケアできるのがこのサプリです。

育児に家事に忙しい主婦層から、圧倒的に人気を誇っているのがこのサプリです。知名度があって愛用者も多いので、まず間違いないサプリと言えるでしょう。

鉄分+精神疲労

フェチリンもしくはヘモグロビンの値が低く、なおかつ普段から立ちくらみや倦怠感が強い人は「白井田七」というサプリが良いでしょう。

高麗人参をベースにしたサプリなのですが、ミネラル分がとにかく豊富。鉄をはじめカリウム・カルシウム・マグネシウムといったミネラルが充実しています。

ミネラルは、自立神経で乱れた心と体の機能を、サポートする働きがあるのです。

-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ