デスクワークによる疲れをとるサプリ|すべての不調は●●から来ている!

朝から晩までほとんど椅子に座りっぱなしだと、思わぬ体の疲れが出てきて困りませんか?

立ち仕事や肉体労働に比べると、どうしても楽そうなイメージがあるのがデスクワーク。わたしも経験しているからわかるのですが、座り仕事でも辛いものです・・。

もちろん、嫌な上司や社内の人間関係など、”姿勢以外の問題”もあります。ですが、ずっと座ったままで仕事をしていると、いろいろと体もしんどくなるものです。

デスクワークの人におすすめのサプリは、いったいどういうものなのでしょうか?座り仕事で疲れる原因とあわせて、紹介していきたいと思います。

1.座り仕事の不調は何が原因?

座り仕事をしていると、いろいろな不調が出てくると思います。

「肩こり・全身疲労・むくみ・集中力がない・・」人によっていろいろ症状はあると思いますが、根本にあるのは「血行不良」です。

もっと言いますと「ふくらはぎが怠けているので、血行不良になり、体の不調につながっている」ということなのです。

肩がこるのは、血流が悪いから

「肩こり」と「ふくらはぎ」。全然関係なさそうに思えるかもしれませんが、密接な関係があるのです。

座り仕事でふくらはぎを使わないと、血液の流れがとどこおってしまいます。ふくらはぎは「第二の心臓」ともいわれる場所であり、足先からの血液を上半身に引き上げる働きがあるのです。

上半身の血流が悪くなると肩をめぐる血液の循環も悪くなってしまいます。その結果、老廃物がたまり筋肉が固く「コリ」ができるようになります。いわゆる「肩こり」の症状です。

座り仕事でパソコンを見る姿勢が悪いのも、さらに血行の悪化を招く原因になります。前のめりで、無意識のうちに力が入っていたりしませんか?長時間悪い姿勢でいると、筋肉が固まりやすくなるのです。

やる気がでない、集中力がすぐなくなる

座り仕事をすると、すぐに疲れてやる気がなくなったりしませんか?性格によるものも大きいですが、昔に比べて集中が続かないな・・と思っているのであれば注意が必要です。

血行不良によって、脳が「軽い酸欠」状態を起こしている可能性が高いのです。

ふくらはぎが固まると、上半身に血液が流れにくくなります。脳にもあてはまり、血液に乗って運ばれてくるはずの酸素が十分に届かなくなるので、酸素不足になります。

酸素が足りない脳は集中力を欠いたり、ぼーっとしたり倦怠感が出やすくなるのです。

全身疲労

仕事が終わって家に帰ると、「なんでこんなに疲れているの?」と思うくらいクタクタになっていませんか?

まるで肉体労働を朝から晩までしたのと変わらないくらいの疲れ。実はこの疲労も、血行不良によるものなのです。

歩いたり走ったりすることでふくらはぎの筋肉が使われて、全身への血液の「めぐり」が良くなります。ところが「めぐり」が悪いと、上半身への血流が悪くなり、血液で回収されるはずの老廃物がそのままになるのです。

老廃物は細胞の働きを悪くしますので、いわゆる「疲れが蓄積した」状態になります。体を使うと筋肉疲労がおこりますが、筋肉を使わなくても血行不良が「疲れ」を引き起こしてしまうのです・・。

足のむくみ

「立ちっぱなしの仕事でないのに、どうして足がむくみやすいんだろう?」と疑問に感じたことはありませんか。

立ち仕事も座り仕事も、「足のむくみ」がおこる理屈は同じ。”長時間、同じ姿勢でいること”がふくらはぎをなまけさせて、ふくらはぎに血液がたまってしまうのです。

血液がたまるということは、老廃物や水分の回収もされないので、水分がたまりむくみにつながってしまいます。男性よりも水分代謝が悪い、女性に多く見られる症状です。

すべてにつながるのが「ふくらはぎ」による血行不良

「肩こり・全身疲労・むくみ・脳の疲労・・」いずれも、同じ姿勢でふくらはぎが使われないことによるものです。

では、どうすれば血行不良を改善できるのでしょうか?その答えは「鉄分」にあります。

2.血行を良くするには鉄分が効果的

血行不良を改善するとなると、しょうがなど「体を温めるもの」を連想される方も多いかもしれません。たしかに体温が上がると代謝が良くなり、血流も改善するのですが・・

「鉄分」をおぎなうことで、直接血液の流れをよくすることができます。なぜなら、鉄分は赤血球を動かす「ヘモグロビン」と合体して、血液の流れをよくする働きがあるからです。

つまり、鉄分をしっかりおぎなえば赤血球のヘモグロビンが増えて、血行改善につながるのです。

もちろん、ふくらはぎをできるだけ動かすことも大事ですが、鉄分をおぎなえば「血の巡り」がよくなります。

参考:座ったままでできる、ふくらはぎのストレッチ

ふくらはぎを普段から動かすことも、大事です。とはいえ仕事中はオフィスを動き回るのも難しいかと思います。

座ったままでもできるストレッチがありますので、気分転換を兼ねてやってみるとよいでしょう。

~座ったままできる、ふくらはぎストレッチ~

1.椅子に座ったまま、両足の「かかと」をあげる。

2.その状態でさらに「ふくらはぎ」をぎゅっと絞るように力を入れる。

3.5~10秒キープ。

4.ゆっくりかかとをおろして、足の力を抜く。

5.1~4を繰り返す。

ふくらはぎの筋肉の動きを感じれば十分です。スキマ時間にコツコツやると血液が滞りにくくなります。

3.どんな鉄分サプリがいい?

ふくらはぎを適度に動かしつつ、鉄分を補充して「血の巡り」を良くしていきましょう。

特に女性の方は、生理などで鉄分が逃げてしまいがち。さらに普段の食生活でも、鉄分の栄養の吸収率は30%といわれていますので、なおさら食べ物でおぎなうには限界があるのです。

鉄分サプリをうまく活用しながら、血行改善して体の不調を整えていきましょう。

鉄分サプリで一番「鉄の吸収率が良い」のは「美めぐり習慣」、鉄分補給+疲れによいのが「すっぽん小町」というサプリです。

-PR-

疲れた女性におすすめの記事

女性向けの疲れをとるサプリ