夜勤による疲れがとれなくて困っている方|昼夜逆転の疲労を解消するには

PAK86_asacyun20140125500

夜勤があると、疲れがとれないことが多く、辛いもの。

体のリズムは慣れてきても、どうしても疲れを引きずる時は、どうすれば良いのか調べてみました。

1.体内リズムが乱れると辛い
2.光をうまく活用する
3.「仮眠」の重要性

-PR-

1.体内リズムが乱れると辛い

男性・女性を問わず 夜中に働いて朝方に眠る、そうした夜勤仕事をされている方も多いと思います。

飲食店・警備・看護士・介護士や夜間の工事現場など、人が眠っている時間に休むことなく働いていて大変ですよね。

夜勤といっても ずっと夜ねて朝起きるというパターンもあれば、日勤と夜勤を繰り返すパターン 交代制でさらに変則の場合。

いくつかに分かれてくると思います。

まだ夜勤だけという状態であれば 体内リズムは作りやすいですが、毎日違う時間帯で眠ることを余儀なくされている方は 大変です。

体内リズムが乱れると、自律神経に影響がでてきて体の不調に繋がります。

2.光をうまく活用する

昼夜逆転で疲れが溜まっている方に、効果的な方法はないか、調べてみました。

人間には『体内時計』というものがあります。

明るくなると交感神経が活性化。反対に夜になると副交感神経が活性化するというサイクルの繰り返し。

この2つがバランス良く働くと、自律神経が整います。

夜勤だと 自律神経のバランスが崩れるため、体が混乱してしまうのです。

自律神経が乱れてしまうと、疲労感や倦怠感・めまいなど起きやすくなります。

他にも精神的に不安定になったり イライラしたりすることも多くなるのです。

そこで「光」をうまく活用することで、自律神経の乱れを改善する方法も一つ。

活動しているときは「光」を浴びるようにして、眠りたいときには光をカット。

そうした環境を「自分で作り出す」のです。

具体的には、

・夜勤中には 室内の照明をできるだけ「明るく」する。

・夜勤明けは、明るくなった外の光を避けるためにサングラスで帰宅。
 室内の電気も必要最低限(暖色球)にして 眠りにつく。
 カーテンは遮光性が高い物を使って 完全に光を閉じ込める。

・昼間に起きるときはできるだけ太陽の光を浴びて起きる。

これらを実行することで、体内時計も正常化しやすくなります。

部屋を真っ暗にしてしまうと、起床時間に起きれないということありませんか。

だから夜勤前に起きられるように、部屋のカーテンをレースだけにする方もいると思います。

本当は部屋を暗くした方が、眠りやすい・・そんな方は、「光で起きる目覚まし」を使うのも一つです。

部屋が真っ暗でも、時間になったら自然に近い光が出て、スムーズに起きられるようにします。

▼▼光で起きる、目覚まし時計▼▼

3.「仮眠」の重要性

夕方に10分、ないしは20分程度の仮眠を取ることも効果的。

夜間作業の能率を上げるという意味でも、 この時間に眠ることによって夜勤時間中はスッキリします。

そもそも疲労が蓄積しないように ケアをすることも大事です。

血行促進すると 代謝が上がり疲労がたまりにくくなるのだとか。


仕事にやる気が起きない・・いつもだるさが抜けずに困っているという方、いませんか?

肉体疲労というよりも、「精神疲労」がたまると”だるさ”や”倦怠感”が起こります。

精神疲労が起こるのは、体内に「活性酸素」という悪玉の酸素がたまるからなのですね。

この活性酸素、黙っていても消えていきません。

イミダペプチドをご存知でしょうか?

産官学連携プロジェクトによって発見された、注目の“活性酸素を除去する成分”です。

食品メーカー・大阪市立大学・大阪市が連携して「疲労回復に良い」成分の研究が進められています。

その研究の中で候補にあがった「23種類の成分」で、もっとも高い抗疲労効果があったのが「イミダペプチド」です。


イミダペプチド

実際に、人間に対して実験し、ヘトヘト具合が軽減していることが実証されています。

もともとは、人間の脳にもある成分なのですが、30才を境に減少するようです。

イミダペプチドのサプリというのが既に発売されていて、980円で”お試し”することができます。

イミダペプチドの”お試し”の詳細を見てみる
※ページの読みこみに、少し時間がかかります。


-PR-

-PR-