日焼けをすると疲れるというのは本当?紫外線が疲労物質を生み出す仕組み

90569de0d3fa1b5bee16edddef304ce4_s

なぜか日差しの強いところに長い時間いると疲れる気がする・・。気のせいでしょうか?

暑いからバテやすい というのもあるんだけれど、たいした動いていないのに 日に当たると疲れる気がしますよね。

外出するときは「日焼け止めが必須」とは言われていますが日焼けすることで疲れるのでしょうか?

-PR-


1.疲れるのは本当?
2.紫外線が体力を奪ってしまう
3.日焼け止めを塗っても疲労対策にならないワケ

1.疲れるのは本当?

太陽に浴びると疲れるのは本当です。ただ、日焼け=疲れではなくて、太陽にあたることが疲労の原因です。

人間は体温を一定に保つ働きがあるのですが、日に当たると体温があがります。それを調節するのにエネルギーを使うみたいなのですが・・

実際に「疲労」するのは、体温調節にも原因があるみたいなのです。

2.紫外線が体力を奪ってしまう

紫外線が疲労と どう関係してくるのかを調べてみました。

紫外線を受けることによって体がダメージから身を守るために「活性酸素」と呼ばれる酸素が発生するとのこと。

この活性酸素は、外部からの最近などのダメージに対して「抵抗力」を発揮しますが自分自身の体の細胞も 傷つけてしまうから厄介。

自らの細胞を傷つけると お肌には「疲労物質」がたまるようです。

疲労物質が増えると、体の疲れとなって現れてきます。

活性酸素は日常生活でも 常に生まれてくる物なのですが、紫外線によって「一気に増えてしまう」のが厄介。

他にも皮膚の免疫力を弱めることも心配されてるのです。

3.日焼け止めを塗っても疲労対策にならないワケ

対策としては 日焼け止めを塗れば大丈夫じゃない?そう思う方も 多いかもしれません。

ところが“顔に塗るだけ”では十分とはいえないんです。

紫外線は「目」つまり視神経を通じて吸収されるものです。

これは体の「シミ」にも言えることなんですが、目を通じて紫外線が体内に吸収されてしまいます。

もちろんお肌のケアも大事なんですが 目のケアも必要ですよ。

目から進入してきた紫外線も メラニンや活性酸素が発生。その結果、シミや疲労のもとになってしまうんですね。

外出するときは サングラスをすることが必須ともいえるのは、単純に日差し対策だけではないんですね。

ただ、レジャーに行くのでもなければ、ずっとサングラスをするのも現実的ではないかもしれませんが・・。

極力太陽を浴びないように 心がける。移動中はできるだけUV機能がしっかりしたサングラスをかけて行動する。

どうも疲れやすいと思ったら、これらのことを試してみると良いですよ(^_^)v。


仕事にやる気が起きない・・いつもだるさが抜けずに困っているという方、いませんか?

肉体疲労というよりも、「精神疲労」がたまると”だるさ”や”倦怠感”が起こります。

精神疲労が起こるのは、体内に「活性酸素」という悪玉の酸素がたまるからなのですね。

この活性酸素、黙っていても消えていきません。

イミダペプチドをご存知でしょうか?

鳥の胸肉に含まれている成分なのですが、活性酸素を除去する効果があります。

他にもビタミンCなどの抗酸化成分がありますが、イミダペプチドは「脳」にピンポイントに働くという効果があります。

食品メーカー・大阪市立大学・大阪市が連携した「疲労回復」プロジェクトというのがあります。

その研究の中で候補にあがった「23種類の成分」で、もっとも高い抗疲労効果があったのが「イミダペプチド」です。


イミダペプチド

実際に、人間に対して実験しており、イミダペプチドを服用しているのとしていないのとでは「2倍」の差があることが明らかになりました。

イミダペプチドのサプリというのが既に発売されていて、980円で”お試し”することができます。

イミダペプチドのサプリメント

▼▼ 飲む日焼け止めサプリ「ホワイトヴェール」▼▼

-PR-