活性酸素を除去するサプリならコレ!精神的な疲れに効く

「脳」にたまった活性酸素を取り除き、「疲労感」を解消するには、「抗酸化」成分が必要です。

どういったサプリで、補えば良いのでしょうか?

精神疲労の元、活性酸素に効果的なサプリについて見ていきましょう。

1.活性酸素は脳を疲れさせる
2.ポリフェノールやビタミンでは効果が薄い
3.脳の活性酸素除去にはイミダペプチド

1.活性酸素は脳を疲れさせる

やる気がでない、倦怠感がある、イライラして気が乗らない・・こうした『疲労感』は、活性酸素が脳の細胞を傷付けていることが原因です。

過剰な活性酸素によって、細胞機能低下や組織損傷が生じる結果、疲労感や身体的パフォーマンス低下などの疲労の症状が発生する
-参考:疲労と活性酸素 – 大阪市立大学 http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/

そもそも活性酸素は、酸素を消費するときに発生する「燃えかす」のようなもの。体内に残り、細胞を傷付ける厄介なものです。

誰の体にも発生します。元々わたしたちの体内には、活性酸素を除去する力が備わっていますが、年齢と共に衰え蓄積しやすくなります。

特に脳は、体の中でも最もたくさんの酸素を必要とする器官で、呼吸の際に吸い込む酸素の30~50%を消費しています。

それだけ脳には「活性酸素」が大量に生まれやすいのですね・・。

黙っていても、残ってしまう物なのでケアしなければなりません。具体的に、どういった成分が活性酸素に効くのでしょうか。

2.ポリフェノールやビタミンでは効果が薄い

活性酸素を除去する成分は「抗酸化成分」と呼ばれています。

活性酸素が、脳の細胞を傷つけることを「酸化」と呼ぶからです。

抗酸化成分として一般的なものは、ポリフェノールやビタミンE、コエンザイムQ10やカテキンなどがあります。ですが・・

一般的な抗酸化成分では、脳の細胞修復に対しての効果が薄いのです。体に取り入れると、これらの成分は体中の細胞に”まんべんなく”作用します。

活性酸素は”脳に集中的に発生”します。この状態では、いくら抗酸化成分を送り込んでも、脳の活性酸素を完全に除去することは困難です。

全身の活性酸素は除去されて、体の老化を食い止める効果は期待できます。ですが疲労感(精神疲労)を無くすには、役不足なのです。

3.脳の活性酸素除去にはイミダペプチド

精神的な疲れに効く成分は「イミダペプチド」です。鶏の胸肉に多く含まれている成分で、疲労に対する有効性が認められています。

-脳の抗酸化や疲労回復には、「イミダペプチド」というタンパク質の有効性が科学的に証明されている。-
書籍:不眠・不安・疲労 職場と家庭のうつ全対策 より

精神疲労に効く理由は、イミダペプチドは脳に”ピンポイント”で吸収されて脳細胞を修復する働きがあるからです。

体全体の疲労であれば、他の抗酸化成分でも良いのですが、精神疲労には断然「イミダペプチド」が有効なんですね。

イミダペプチドのサプリが有効

イミダペプチドは、鶏胸肉からも摂ることができますが、毎日継続するのは簡単ではありません。(1日の推奨摂取量は200~400mg)。

イミダペプチドのサプリメントがありますので、うまく活用するのも一つです。


イミダペプチド

実際に、人間に対して実験しており、イミダペプチドを服用しているのとしていないのとでは「2倍」の差があることが明らかになりました。

イミダペプチドのサプリというのが既に発売されていて、980円で”お試し”することができます。

イミダペプチドの”お試し”の詳細を見てみる
※ページの読みこみに、少し時間がかかります。

-PR-