座り仕事なのに足が疲れるのはナゼ?足のむくみと全身の疲労感に悩む女性

a0002_002110

普段は座って仕事をしているのに、足がだるくなったりむくんだり。そうなるのは血行不良で足が圧迫されているからです。

どうして立ち仕事でもないのに、血行不良になるのか。また効果的な対処方法はないのかついて、紹介したいと思います。

-PR-

座っているから疲れないというのは「ウソ」

販売職の女性など、朝から晩まで立った状態だと足がつらくなるのはイメージしやすいと思います。

内勤デスクワークを主とする方でも、立ち仕事の方と同じように足は疲れます。

たしかに座っているときは、足に余計な力は入っていないから疲れないイメージがあるかもしれません。

「長時間同じ姿勢でいること」が「足の疲れ」の根本原因なんです。

同じ姿勢でいると、血行が悪くなります。血行が悪くなると、水分が足にたまってしまい皮膚を圧迫します。これが足のだるさになるのです。

一つ一つ、順番に紹介していきますね。

同じ姿勢でいると、血行が悪くなるワケ

血液は心臓からスタートして全身に送り出されます。当然下半身も、心臓から血液が送り出されて足の先まで流れます。

血液は一方通行ではなく、全身を巡ったあとは再び心臓に戻ります。戻るときに、余分な老廃物や水分を回収するのです。

心臓から下半身に送り出された血液は、それぞれの「筋肉」がポンプの役割をはたして、血液循環をサポートします。

下半身であれば「ふくらはぎ」の筋肉が、血液を上に押し流すサポートの役割を果たしているのです。

ところが同じ姿勢でいると、ふくらはぎの筋肉が使われません。血液を押し出すポンプが十分に働かないのです。

座り仕事だと足が疲れる原因は、こういったところにあるのです。

血行が悪くなると、どうして足が疲れる?

血行不良になると、老廃物や水分の回収作業がうまくいかなくなります。

老廃物も問題ですが、足の疲れに直接かかわってくるのは「水分」。

人間の体には、いたるところに細胞がありますが、細胞と細胞の間にある「水分」は、血液が回収してくれます。

血行不良ですと、細胞間の水分が残りますから、その分細胞と細胞の間の水分で膨れてしまうのです。

膨れた水分は、皮膚を押し出すように圧迫します。これが足のだるさやむくみ、場合によっては痛みにつながってくるのです。

解消するには、血行を促進することが必要です。

どうやって血行促進すればよい?

マッサージをしたり、着圧ソックスを履いたり。眠る前に足を高くしたりする方法がありますが、いずれも十分ではありません。

血行が滞るのは、ふくらはぎの筋肉が怠けていることが原因なので、マッサージで”さする”くらいで血行は良くなりません。

マッサージではなく、ちょっとした空き時間に「ふくらはぎの運動」をすることをオススメします。

運動といっても簡単なもので、「つま先立ち」を何回か行うのが良いです。

長時間椅子に座ったな、と思ったら化粧室にでも行き「つま先たち」をしてかかとをつけるという動作を10回ほど行う。

ちょっとした隙間時間に何回か行えば、ふくらはぎの筋肉が適度に刺激されてポンプとしての役割を果たすようになります。

-PR-
100円

-PR-