疲れやすいと感じる40代女性|更年期障害による疲労感を考えた対策を

40tukare

40を過ぎてから、急に疲れやすくなったのは、更年期のせい?

私は40歳を超えた辺りから、今までにない体の衰えを感じました。

とにかく体力が一日もたない。

日中はフルタイムで働きながら、帰ったら子供の世話をする日々。

化粧したての朝の顔と、帰宅後の顔が全然違うという変化をまず感じて。

仕事でクタクタ、子供はある程度大きいので手はかからないにせよ。掃除やら食事を作ったりと忙しい。

20時を過ぎたら、スイッチが切れたように何もする気がおきなくて。

早めに寝てたっぷり睡眠をとっても、長時間寝ていられない。

イライラすることも多くなったし、いよいよ更年期なのかな?と思いました。

婦人科に通うという時間もなく、家族が眠りについた時間を見つけて色々調べてみました。

そこで、わかったこと。

“体力的な衰え”もあれば、”更年期による衰え”もあるということ。

更年期は45歳~55歳からが定説ですが、若年性更年期であれば40歳からかかります。

その一方で、肉体的な衰えによる体力低下もあります。両方が影響してくるのです。

肉体疲労のケアと、更年期対策の”両方”を考えてないといけないということ。

それに対して私がどう考え、どう対策をしてきたのかを紹介したいと思います。

肉体疲労も更年期も、完治はしない

40歳からの「疲れ」は基本的に、完治することはありません。

なぜなら、老化現象によるものだからです。

自然に老いていくものなので、いかにしてうまく付き合っていくのか。

更年期だって、卵巣の機能低下によるホルモンバランスの乱れ。

エストロゲンの分泌が少なくなるので、心身のさまざまな不調に繋がってくるワケです。

婦人科に行くのも有効ですが、あくまで対処療法に過ぎないのです。

翌日から、突然20代の頃のような体力に戻ったり、心身の不調がクリアになることはありません。

認めたくないですけど、「老いていくこと」には勝てないワケです。。

そこを受け入れた上で、じゃあ自分はどうしていくのか。

ずっと不調に苦しみながら辛い顔をして生きていくのか。

それともできる限りのことをして、少しでも毎日の不調を抑えながら日々を楽しんでいくのか。

当然、後者ですよね。

前向きなケア、でも現実は厳しい

もちろん、”肉体疲労”も”更年期”もいろいろなケアがあります。

一つ一つをこまめに実践していくというのも、たしかに大事なことです。

生活習慣を整えたり、岩盤浴やマッサージなどリフレッシュする時間を作ったり。食事療法もありますよね。

ですが。

ただでさえ忙しい日々を過ごしているのに、色々なケアをする余裕がありますか?

そもそも、毎日そんな余裕があれば、そこまで疲れることはないのでは?と自問自答。

忙しい中で、効率よくケアすること。

手軽に続けやすいものに絞って、ケアするというのが最善策なのではないかと思います。

私が個人的に良いなと思ったのは「サプリメント」です。

何かしらのサプリを飲んでケアしている人も、多いと思います。

飲むからにはそれなりに良いものを飲みたい。できれば手軽に済ませたい。

いろいろ調べてみると、にんにくが良いだのイソフラボンが良い、マルチビタミンがどうのという話。

最終的に選んだもの。

プラセンタのサプリなら、疲労回復も更年期対策もできます。

プラセンタは、肉体疲労にも更年期対策もカバーできる、マルチなものなんですね。

実際に疲労回復目的や、更年期の症状緩和のために「プラセンタ注射」を婦人科で受け付けています。

医療機関でも治療の一環として使われるほど、その効果が認められているものなのです。

「だったら、わざわざサプリを飲むより注射すべきでは?」

私もはじめはそう思ったのですが、リスクが大きいのでサプリにしました。

注射では、うつ場所を間違えない限りは副作用の心配がないようです。

ただし、プラセンタ注射薬の治療を受けた方は献血ができなくなります。

この点が、すごくひっかかりました。

体に害はないけれど、人様に血液を与えることができなくなってしまうということ。

社会貢献うんぬんの問題ではなくて、体に悪影響があるものが残ってしまうということだと思うんです。

害はないといいながら、献血が一生できなくなるんですよ。どう考えてもおかしいですよね。

その一方で、プラセンタのサプリメントは献血できます

つまり、体に害があるものが体内に残らないということです。

安全性という面から考えても、サプリメントでケアする方が安全なのは間違いないです。

プラセンタって、どういうもの?

プラセンタ、一度は聞いたことがある名前ですよね。

プラセンタは化粧品でも使われています。動物の栄養豊富な胎盤から、抽出したエキスのことです。

プラセンタの働きは20種類以上あると、言われています。

血行促進、代謝アップ、疲労回復、免疫力アップ、自律神経の調整 など

40代の疲れにとって必要な効能は、「ホルモン調整作用」

プラセンタは、エストロゲンとプロゲステロンのアンバランスを調節するように、体に働きかけます。

慢性的に分泌が弱くなっているのなら、本来の適切な量に分泌する。反対に多ければ、分泌を減らす働きをします。

サプリメントであれば、殺菌加工が十分ですので副作用リスクを抑えられます。

即効性があるものではないですが、一定期間服用を続けて徐々に体の調子を戻していくものです。

プラセンタサプリなら、どれがいい?

いろいろ調べてみたところ、結構な種類があるんですね・・ビックリしました。

プラセンタ選びで、注意すべきところがあります。

「中身を薄めていない」サプリを飲まないと、効果が期待できません。

× プラセンタエキス・プラセンタ原液⇒中身が薄い

◎ プラセンタ原末・プラセンタエキス末⇒中身が濃い

胎盤から抽出したプラセンタは、「水分」が多く含まれます。

だから、原液ですと「薄い状態」なのです。原液という言葉だけ考えたら、濃そうなイメージがありますが。

水分たっぷりの原液を、水分を飛ばして粉の状態にしたものを「原末・エキス末」と呼びます。

“中身が詰まったサプリ”を飲むなら「原末 か エキス末」を選ぶといいですよ。

プラセンタエキス末のサプリを比べた

市販品には1,000円~2,000円前半の安いプラセンタサプリがあります。

値段が安いのは、それだけ品質も劣るのがプラセンタです。

しっかり「プラセンタ原末・プラセンタエキス末」を含んだものを探したところ。

「マカ・プラセンタ」「母の滴」の2つが、「プラセンタエキス末」を使用していました。

両者の違いを、表にまとめてみました。

マカ・プラセンタ 母の滴


マカ・プラセンタ


母の滴プラセンタEX

価格:4400円(税込)※初回500円キャンペーン中

1日1粒、30カプセル

原材料名:プラセンタエキス末、マカ末、マカ抽出物、澱粉加水分解物、テキストリン、ゼラチン他

特徴:マカとプラセンタ、栄養成分豊富なものを2つも配合

価格:4860円(税込)

1日2粒、60カプセル

原材料名(全成分):プラセンタエキス末(ウマ由来)、ゼラチン(ブタ由来)、 サイタイエキス末(ウマ由来)着色料(二酸化チタン・カラメル)

特徴:プラセンタ濃度が極めて高いのに、価格が良心的

どっちがいい?

・”肉体的な疲れ”を特に感じる方は、「マカ・プラセンタ」

・”肉体疲労+精神的な不調”をケアしたい方は「母の滴」

が良いです。

「マカ・プラセンタ」は”マカ”という疲労回復成分が入っており、「母の滴」はプラセンタ濃度が濃いからです。

(馬のプラセンタを使用しているため)

ちなみにわたしは、”肉体的な疲れ”を何とかしたかったので「マカ・プラセンタ」を試してみることにしました。

マカ・プラセンタを1ヶ月使ってみた感想

さいごに

40代は、まだまだ若いと信じていたい。

体も思うようにいかず、気持ちもふさぎこんでしまいがちになりませんか?

「仕方ない」で終わったらそれまで。

黙っていても、衰えるだけ。昔のように、元気で活動的な自分を取り戻してみませんか。

わたしも、気持ちを振り絞って、がんばってみることにしました。

年齢に負けないように、ともに、がんばりましょう。

マカ・プラセンタの公式ページを見てみる

母の滴プラセンタEXの公式ページを見てみる

-PR-

-PR-