疲れやすい20代の女性へ|仕事や育児でとれない疲労は血行改善から

24510f01e4d5a55046c2d0b5280561b2_s

まだ20代で全然若いはずなんだけど 疲れやすい。もともと体が丈夫というわけでは なかったけど・・。というお悩み、抱えていませんか?

この体質を改善するには どうすれば良いのでしょうか。

20代の女性といっても 様々な生活習慣があります。

・子育てでストレスを感じている
・仕事していて ずっと会社にこもっている
・仕事も育児も両立させている

など 立場は違えど 心と体の疲れは出てくるもの。

感じやすい疲れの症状

・夜ご飯の支度をした後は すぐにソファで寝る。休日に家のことをまとめて片付ける。
・休日は昼間で寝ていて ゴロゴロして終わる。
・ちょっと動くだけで 座っていたくなる。

こんな状態のいずれかに当てまりませんか。

-PR-
100円

疲れの原因

疲労回復のために あれこれ対策をしている方も多いかと思います。

栄養ドリンク・サプリ・運動・食事など、実にさまざまな疲労回復方法やアイテムがあります。まずはじめに 抑えておかなければならない所があります。

最優先させるべきは「血行不良を改善すること」。疲労には大きく分けて、2つの種類があります。「蓄積した疲労」と「新しくできる疲労」です。

日々の生活では「新しくできる疲労」があります。もちろんこれも取り除くことが大事なのですが、「蓄積」疲労を残さないことが大事なんです。

疲労が溜まると 今日できた疲労も雪だるまの様にたまってしまい 平日から疲れが抜けない体に。だから休日に「寝だめ」をしてしまうんです。

疲れの対策

血行促進することで 体内に疲労物質や老廃物が、その都度 体外に排出されるようになります。この状態を「代謝が上がる」といいます。

逆に言えば 血行が悪いままだと、いくら疲労対策をしても今の疲れが起きにくくするだけ。蓄積疲労はいまだに残ったままになるんです。

「いかに血行をよくしていくか」という点から、運動・マッサージ・お風呂・食事を考えていくのが最も効果的に疲労を回復させる方法になります。

注意点

いくつかの注意点について、紹介していきたいと思います。

・運動はウォーキングがベスト。下手な有酸素運動を行ってしまうと 余計に疲労物質が生み出されます。筋肉の刺激を緩やかに かつ継続して取り組めるものを。

・湯船の中でマッサージは良くありません。血流が良くなりすぎて 心臓に戻す血液が活発化し、心臓に負担をかけてしまいます。

・食事をバランス良く取ることも大事なのですが、「血行を促進する」サプリメントもあるのでうまく活用すると良いでしょう。

女性向け、疲れをとるサプリ >>

-PR-

寝ても疲れがとれない主婦の方へ。疲れをとるにはサプリをとるのも一つ。

家事に育児に追われて、なかなか自分の時間が持てない・・主婦は年中無休だからツライですよね。


寝ても疲れがとれず、朝から気だるい。
夕方になるとクタクタで、家事も残したままで寝てしまう。

旦那さんの目もあるし、自分自身の情けなさもある。でも体がついていかない・・

マルチビタミンとか、チョコラBBを飲んで、疲れを"ごまかして"いませんか?でも、ほとんどの場合気休めにしかなりません。

女性に必要な栄養補給って、ビタミンじゃないんですよ。ビタミンはあくまでサポート役で、直接疲れをなくすワケではありません。

●朝の目覚めをよくしたい

●疲れたら"肌が荒れる"のを、何とかしたい

●一日を元気に過ごしたい

のであれば、次のページをご覧になってみてくださいね。

"疲れ"そのものを何とかしたい方 >>

疲れると"肌の調子が悪くなる"方 >>

-PR-