太っているから疲れやすいのは本当?ダイエットをする前に注意すべき事

cc85dc7312c32208cc6ade0d9ac44818_s

どうも体重が増えてきてから 疲れやすくなった。これって肥満になったことと 関係しているのかな?

生まれつき肥満の人もいれば 大人になってからの生活習慣の乱れによって肥満になる人もいます。

特に後者の人に向けたお話を していきたいと思います。

「最近どうも疲れやすくなった」と感じているのは加齢・仕事量の増加・ストレスなどいろいろあります。

ですが「太ること」によって 疲れやすくなっているのは事実。

-PR-

太っていることと疲労の関係について

単純に体にかかる「負荷」が増す

太った分だけ 体を動かすときにかかる骨や筋肉の負担が重くなってしまいます。

重い荷物を背負ったまま 体を動かしているイメージをされると、わかりやすいのかなと思います。

だから同じだけ動いたとしても“やせ形・標準体型の人”と”肥満の人”では疲労度が違ってくるのは事実なのです。

血行不良で疲労蓄積しやすい

主に座り仕事で 一日中同じような体勢で過ごしていると下半身の血行が悪くなってしまいます。

これは太ももの付け根にある「鼠蹊部(そけいぶ)」の血流が悪くなって そこから血行不良が起こります。

実は太っている人は「座っていなくても」鼠蹊部が常に圧迫されている状態になるので 血行不良になりがち。

血行不良すると何が問題なんでしょう。

「疲労が蓄積しやすくなる」んです。

血液がスムーズに流れていると 全身に蓄積した疲労物質や老廃物を血液が回収して 臓器で分解し排出されます。

これを「代謝」といいますが 血行不良だと「代謝不良」に。

代謝が悪いと疲労の元がそれだけ残ってしまいますので、常に疲労が蓄積した状態になってしまうんです。

それが夕方の疲労感につながり ひどくなると翌日まで持ち越してしまう。

その結果慢性疲労の原因にもなります。

疲れにくい体を作るには

当然ですが 肥満体から卒業するしかありません。

疲れやすい体で下手に運動を頑張ってしまうと、余計に体内に疲労が蓄積しますので 注意が必要です。

どのくらいの体型にするのが望ましいか。

BMIを25未満にすることが一応の目安になります。

BMIとは体重/身長×身長 で導き出される計算式です。

今の数値が知りたい方は「BMI計算機」という言葉で検索すると 今の身長体重の入力だけで自動計算してくれるサイトもありますので 便利。

いかに体重を落とすのかですが 注意すべき点を。

ちまたには食事制限や置き換えダイエットなど、実に色々な食事療法やエクササイズがあります。

基本的に自分に合うものを見つけて行っていくのが望ましいですが、大前提として「代謝をよくする」ことが必須になってきます。

代謝が悪い体を変えないと 何をやっても努力の割に、体重は落ちないので注意して下さい。

まずは血行を促進するサプリメントや食事などで、脂肪が燃焼しやすいベースを作ってから、自分にあったダイエット方法をするのが良いでしょう。

●疲労回復の新定番、「へとへと」な体に効く「イミダペプチド」

イミダペプチドのサプリメント

-PR-

-PR-