夕方になると微熱が出てしまう|仕事に影響を与えて辛い方へ

a0002_007559

夕方になると、決まって微熱が出てしまうと毎日辛いもの。

風邪でもないのに、微熱が続くのって病気にかかっているのかどうか心配・・実際どうなのか、調べてみました。

1.病気の可能性はある?

風邪を引いたら、熱が出るのは仕方ないですが、そうでない場合。

どこか体がおかしくなっていないか、まず心配になりますよね。

風邪のウイルスによるもの以外に「疲れやストレス」によって発熱することもあります。

仕事などで、疲れが溜まっていませんか?最近ストレスが溜まっていませんか?

心当たりがあるならば、「疲れやストレスによる”心因性発熱”」です

もし、まったく疲れもストレスもないのに、微熱が続くのであれば病院へ。

内臓系の疾患(特に甲状腺の異常など)が考えられます。

-PR-

2.心因性発熱にかかると

「心因性発熱」、聞き慣れない言葉だと思います。

疲れやストレスが、どうして発熱になるのかについて。

疲れ・ストレスが溜まると自律神経が乱れてしまいます。自律神経の中で、体を興奮させる「交感神経」が活発化するのが理由です。

交感神経が活発になると、体に「活性酸素」と呼ばれる悪い酸素が大量にできます。

活性酸素が、体温調節機能を乱すのです。

通常人間は、体温を一定の状態に保つ働きが備わっています。それが上手くいかずに微熱が続いてしまうのです。

ただあくまで一時的なものなので、ずっと治らないということはありません。翌朝になるとケロッと治るのも心因性発熱の特徴です。

微熱と言われる37度台で、軽いだるさを覚えるのが一般的な症状です。

3.病院に行けば治るの?

風邪の時のように、病院に行っても治療法はありません

当然、特効薬もありません。

交感神経が活発にならないように、普段からリラックスしたり体を横にするのが良いです。

日中はとてもリラックス・横になる余裕がない。そんな方の方が多いと思います。

日中活動していても心因性発熱を改善する方法っていうのは、なかなか難しいようです。

熱が出たら、とにかく無理をしないこと。仕事をセーブして早く寝て疲れを残さないようにするしかありません。

疲れにはプラセンタサプリという方法も

普段からリラックスする心がけも大事ですが、普段から「疲れにくい体質」になることも一つ。

サプリで疲れがたまりにくい体になれば、自律神経の興奮を抑えられて微熱予防になります。

女性の方であれば、美肌効果もあり疲れ対策にも効く「プラセンタ」が良いです。

もともと動物の胎盤から抽出したエキスですが、疲労回復、血行促進、ホルモンバランスの調整など20種類もの作用があると言われています。

実際のところどうなのか、評判の良いプラセンタサプリを試してみました。

プラセンタサプリを1ヶ月使ってみた感想 >>

-PR-
100円

-PR-