疲れた時にはにんにくをとると良い?気になる体臭と疲労回復効果

9801c13d86d85b17e841d19c94c4e4c3_s

スタミナをつけたい。ここ一番で体力をつけたい。
そんな時の定番として「にんにく」があります。
実際のところ どんな効果が期待できるのでしょう。

にんにくを取ると何が良いの?

食べ物からもサプリメントからも摂取できるのが
にんにくの大きな特徴。

実際に疲れにどのように効くのでしょうか。
最も特徴的なものとして「滋養強壮」効果。

そもそも滋養強壮効果というものは2つに別れて
「滋養」・・体に栄養分をしみこませる効果。
「強壮」・・体を強く元気にする効果。
この2つの効果がにんにくにはあるんです。

豊富な栄養分

にんにくには実にたくさんの栄養分が詰まっています。
●アミノ酸
タウリンや必須アミノ酸が含まれていて体を疲労から
回復させる高い効果が期待できます。

●ビタミンB1
糖分を体のエネルギーに変えて体を元気にします。

●アリシン(ねぎ・タマネギ・にら・にんにくにも含まれる)
血液をさらさらにして体の代謝を良くし疲労が溜まりにくい
体を作り上げます。

血行促進するので冷え性対策にもなりますし純粋な疲労回復
効果としても活躍が期待できる成分です。

●スコルジニン
上記3種類の栄養成分をそれぞれ併せ持つ成分。

体を元気にし・疲れにくい体を作る。そうした効果が期待できます。
血行をよくするのでダイエット・冷え性といった女性特有の悩みに
しっかりと応える成分でもあります。

にんにく摂取のデメリット

こうした良いことづくめのにんにくなんですが当然欠点もあります。
それは次の2点に集約されます。

体臭が気になる

自分では気がつきにくいけど 他人からすると気になるのが体臭。
摂取量と頻度にもよりますが その場だけ臭うのではなくて
汗をかいたときなどに体臭として現れることがあります。

にんにくの代謝の過程で 栄養素が血液に入って全身に運ばれますが
汗腺細胞にも臭いが行ってしまうのが欠点なんです。

汗腺は全身にもあるが特に脇や頭皮・手足の先端や股間もあります。
だからふと汗を掻いたときに にんにくの臭いがでることも。
食品から過剰に摂取するとどうしてもそういった傾向があります。

代わりにサプリメントにしたものであれば そういった問題を
軽減することができます。もちろん臭いをカットする製法を
しっかりと施しているものでなければ駄目ですが。

基本的に生にんにくを継続してとるとそうしたデメリットもある。
そうしたことを覚えておくと良いかと思います。

寝ても疲れがとれない主婦の方へ。疲れをとるにはサプリをとるのも一つ。

家事に育児に追われて、なかなか自分の時間が持てない・・主婦は年中無休だからツライですよね。


寝ても疲れがとれず、朝から気だるい。
夕方になるとクタクタで、家事も残したままで寝てしまう。

旦那さんの目もあるし、自分自身の情けなさもある。でも体がついていかない・・

マルチビタミンとか、チョコラBBを飲んで、疲れを"ごまかして"いませんか?でも、ほとんどの場合気休めにしかなりません。

女性に必要な栄養補給って、ビタミンじゃないんですよ。ビタミンはあくまでサポート役で、直接疲れをなくすワケではありません。

●朝の目覚めをよくしたい

●疲れたら"肌が荒れる"のを、何とかしたい

●一日を元気に過ごしたい

のであれば、次のページをご覧になってみてくださいね。

"疲れ"そのものを何とかしたい方 >>

疲れると"肌の調子が悪くなる"方 >>

-PR-