クエン酸が疲れを回復させ活力を生み出す|疲労に対し即効性も期待できる

NKJ56_aozoraran500

クエン酸が疲労回復に良いという言葉を良く聞く。
どんな疲労に効果があって実際の所はどうなの?

スポーツをしていない人でもクエン酸という名前を
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
それくらい知名度としては十分な成分です。

クエン酸とは?

レモンなどの柑橘類に含まれているのが特徴で
梅干しや黒酢にも多く配合されています。
酸味があってややクセの強いのがたまにきず。

食物からも摂取できますしサプリやドリンクなど
摂取方法にいろいろ選択肢があるのも特徴。

主に運動をする人が水分補給と運動後の疲労回復を
かねて飲むのが主流になっています。

運動後といっても それ以外の疲労回復の場面でも
飲んで効果がないということはありません。

たとえば仕事で疲れている会社員の方ですとか
家事育児に追われている主婦の方にも良いです。

クエン酸の主な働き

疲労物質の分解

激しい運動をするときに主に蓄積される乳酸。
筋肉疲労とともに生まれる物なんですが
乳酸ができることで疲労を感じてしまいます。

通常は肝臓でこれらを分解する処理を行いますが
疲労が蓄積すると処理が間に合わなくなります。
クエン酸を摂取することで疲労物質の蓄積を
防ぐ肝臓のサポートとして重要なんです。

運動後の疲労に効果的と言われているのはこのため。
もちろん運動以外にも生きていく上で疲労物質は
蓄積していきますのでその疲労対策にもなります。

体のエネルギーを生み出す

日常生活を送るのに疲労を無くすのと同じくらい大事。
それはエネルギーを日々生み出していくこと。
これができないと日常の活動がままなりません。

クエン酸は体にあるクエン酸回路(TCA回路)を活発化。
具体的には食物などから取り入れた栄養素・脂肪などを
体のエネルギーに変えるための回路のことです。

さらには炭水化物やタンパク質をエネルギーに変える
ミネラルの吸収もサポートする効果があります。

クエン酸によって日々の活力が生まれるといっても
過言ではないでしょう。

その他の特徴

即効性が期待できるという点が他の栄養成分にはない強み。
どうしても今日の疲れ今の疲れということになると
栄養ドリンクのカフェインでごまかすことが多いですが
即効で疲労に対しての回復効果が期待できるのはコレ。

寝ても疲れがとれない主婦の方へ。疲れをとるにはサプリをとるのも一つ。

家事に育児に追われて、なかなか自分の時間が持てない・・主婦は年中無休だからツライですよね。


寝ても疲れがとれず、朝から気だるい。
夕方になるとクタクタで、家事も残したままで寝てしまう。

旦那さんの目もあるし、自分自身の情けなさもある。でも体がついていかない・・

マルチビタミンとか、チョコラBBを飲んで、疲れを"ごまかして"いませんか?でも、ほとんどの場合気休めにしかなりません。

女性に必要な栄養補給って、ビタミンじゃないんですよ。ビタミンはあくまでサポート役で、直接疲れをなくすワケではありません。

●朝の目覚めをよくしたい

●疲れたら"肌が荒れる"のを、何とかしたい

●一日を元気に過ごしたい

のであれば、次のページをご覧になってみてくださいね。

"疲れ"そのものを何とかしたい方 >>

疲れると"肌の調子が悪くなる"方 >>

-PR-