ストレッチで疲労回復する効果はある?疲労物質排出と血行促進効果に期待

3001d807193d42ba64319be7861cf497_s

よく運動後にストレッチをすることが大事だといわれるけど
運動をしていなくても 純粋に疲労回復の為にストレッチを
行うことも有効です。

疲れをいかに取り除くのかという視点から考えると
大量の酸素を消費する有酸素運動をするよりも
ストレッチやウォーキングを行う方が断然効果的。

ストレッチでは激しい運動による活性酸素が発生しないので
余計な疲労物質がでないどころか 疲労物質を血管に流し
スムーズな代謝になるように促進してくれるんです。

そもそもストレッチとは「筋肉を引っ張って伸ばすこと」。
大きく分けると静的と呼ばれる筋肉を伸ばした状態でキープ。
動的という筋肉の収縮を繰り返すという方法があります。

具体的にどういったストレッチをすれば良いのかは他のサイトで。
このページではあくまで疲労回復にどういった作用を及ぼすのか
それを紹介したいと思います。

ストレッチの具体的な効果

筋肉の緊張を疲労物質をほぐしていく

運動や立ち仕事でたまった筋肉の疲労は乳酸などの疲労物質と
して体に蓄積していきます。ストレッチをすることによって筋肉疲労
自体の回復効果と疲労物質の排出効果が期待できます。

運動後も当然のこととして 普段でも寝る前に行うと効果的。

血流改善効果

基本的に体を流れる血流は心臓を起点として全身に送られます。
ところがこの血流を妨げる要因として 疲労物質が血管を圧迫する。
他にも 仕事などで長時間同じ姿勢をとることが原因で悪化します。

普段から血行が悪くなったということは自覚しにくい部分であるため
特段おかしなことをしているという意識がなくても血行不良になる
ケースというのが実に多いんです。

日常生活にうまくストレッチを取り入れることによって 血行不良を
改善しスムーズに血流が流れるようになります。

血流(血行)改善することによって 体が老廃物や疲労物資を
運搬する力があがりますので 代謝が促進されて疲労物質などが
体に溜まりにくくなるということに繋がります。

-PR-