カフェインは疲労回復に効果がある?とりすぎによるリバウンドに注意

C785_coffeekukki-milk500-thumb-395.jpgauto-2468

コーヒーや緑茶に含まれているカフェインって疲れた時にも
効果があるって聞いたけど それって本当のことなの?

目覚めの一杯。そして休憩時の一杯。カフェインをとることが
当たり前になっている人も少なくありません。
それだけ愛好されて身近にある飲み物といえるでしょう。

カフェインに疲労回復効果は果たしてあるのか?について。
実際の効果はというと「ノー」なんです。
でもカフェインとったらスッキリしますよね?

人間には「疲労」と「疲労感」という似た2つのものがあります。
前者は実際に肉体に蓄積しているもの。後者はあくまでも感覚。
極端なことを言うと 気の持ちようで感じる物といえます。

疲労=疲労感では全くありません。人間の感覚はそれだけあてに
ならないものということも言えるでしょう。

具体的な例として パソコンでゲームをするのが趣味としましょう。
この場合眼精疲労や長時間同じ姿勢をすることによる疲労が
確実に蓄積していますが 本人は疲労感はないことが多いんです。

なぜなら好きなことをしていて気持ちが高ぶっているから。
実際の疲労と自分の気持ち=疲労感とのギャップの典型例。

カフェインをとることによって「疲労感」は取れるんです。
交感神経を活性化し 眠気をとり集中力を高めますから。
でもそれは気持ちが一時的に高まっているだけのこと。

実際に肉体に蓄積している疲労には 何も変わっていません。
だからカフェインは気休めにしか過ぎないんです。
カフェインを多く含む栄養ドリンクも同じ事なんです。

本当に肉体疲労を軽減したければ別の栄養の補給が必要です。
あとカフェインには中毒性があるので 摂取しすぎとリバウンド
この2つに気をつけた方が良いですよ。

1日におよそ3杯以上コーヒーを飲むと軽い中毒症状が起きます。
具体的には頻尿や落ち着きがなくなる。考えがまとまらなくなる。
眠りが浅くなるといった具合にです。

後はリバウンドとして効果が切れると急激に眠気や疲労感が出る。
この点も踏まえてそれでも今ココで気持ちを高めたいという時は
飲むという選択肢もあるかもしれません。

コーヒーはなんとなく良い物という風潮がありますが実際は
疲労回復に関しては益にならない面が多いです。

寝ても疲れがとれない主婦の方へ。疲れをとるにはサプリをとるのも一つ。

家事に育児に追われて、なかなか自分の時間が持てない・・主婦は年中無休だからツライですよね。


寝ても疲れがとれず、朝から気だるい。
夕方になるとクタクタで、家事も残したままで寝てしまう。

旦那さんの目もあるし、自分自身の情けなさもある。でも体がついていかない・・

マルチビタミンとか、チョコラBBを飲んで、疲れを"ごまかして"いませんか?でも、ほとんどの場合気休めにしかなりません。

女性に必要な栄養補給って、ビタミンじゃないんですよ。ビタミンはあくまでサポート役で、直接疲れをなくすワケではありません。

●朝の目覚めをよくしたい

●疲れたら"肌が荒れる"のを、何とかしたい

●一日を元気に過ごしたい

のであれば、次のページをご覧になってみてくださいね。

"疲れ"そのものを何とかしたい方 >>

疲れると"肌の調子が悪くなる"方 >>

-PR-