低血圧のせいか疲れやすいと感じる女性|血行を良くする食べ物で疲労回復

TIG93_buranketnikurumarerujyosei500

昔から低血圧で 朝に起きられないのが悩みの種。
おまけに最近は特に疲れやすくて 困っている・・
この状態をなんとかしたいんだけど・・

男性にもありますが 特に女性に多い「低血圧」。
はっきりした基準はないのですが 一応の目安は
最高の血圧が100以下であること。

そもそも低血圧が起こる仕組みとしては以下の通り。
心臓を起点にして 全身に血液を送り出していますが
その血液を送り出す力が弱いのが 低血圧なんです。

体の中心から末端にまでめぐるはずの血液が滞る。
よく貧血と同じに考える方がいるのですが別物。
貧血は体の血液が薄くなっている状態なんです。

低血圧の種類について

低血圧といっても 実は3つの種類があるのを
ご存じでしょうか。

起立性低血圧

座っていた状態から 急に立ち上がることによって
脳に行く血液が一時的に不足し目眩のような症状を
起こすことです。

基本的に下半身に血液がたまっている状態で
立ち上がるとこうした症状が出ることがあります。

症候性低血圧

生まれつきではなく 後になって低血圧の症状を
訴える人の多くがなるもの。

主に薬が原因で引き起こされる低血圧の症状です。
たとえば糖尿病の治療薬の副作用で起こります。

他にもあると思いますので 現在服用中の薬でも
お医者さんに聞いてみると良いでしょう。

本態性低血圧

生まれもった体質的なものが原因です。
私たちが一般的に「低血圧」と呼んでいるのは
この本態性低血圧のことを指しています。

低血圧は血液を送り出す力が弱いと説明しました。
基本的に「血行不良」になりやすいことから
体の中に疲労物質や老廃物が溜まりやすくなります。

血液がスムーズに流れていれば 肝臓や腎臓によって
それらを濾過して排出されるのですが
血行不良によって 体に残りそれが疲労の原因。

朝の目覚めの悪さや日中の疲労感を感じるのも
大元は「低血圧が引き起こす血行不良」が原因です。

低血圧の人が訴える症状

実際どういった症状に悩まされているのでしょうか。

・朝の目覚めが悪くて起きられない
・手足などの末端部分がいつも冷えている
・顔色が悪い
・日中の倦怠感が強い。

こうした症状のいずれかに当てはまると思います。
特に悩まされるのが朝の目覚めの悪さと倦怠感では
ないでしょうか。

低血圧の人の疲れ対策

いきなり血圧を上げましょうといっても実際は不可能。
私たちができることは 日常生活で出来るだけ血行促進し
疲れをためにくい状態を作ることです。

ビタミンBやEなどの血流を良くする食べ物を摂取する。
ビタミンBは鶏肉やレバーなど比較的摂取しやすいですが
ビタミンEはアーモンドなど 継続するのが難しいもの。

マルチビタミンのサプリを摂取するか にんにくや黒酢の
サプリを飲むことによって血行を改善するのが良いです。

-PR-