立ちくらみが多くて疲れやすい方|女性ホルモンが自律神経の乱れの原因に

8325395ef63a7ce8c15543682f1b7a96_s

普段からふらっと立ちくらみをすることが多いし、疲れやすくて、困っていたりしませんか?

貧血のような感じもするし、疲れから来るような気もする。これって一体、体の中で何が起こっているのでしょうか。調べてみました。

1.立ちくらみの原因は?
2.特に気をつけたい女性
3.対策方法

1.立ちくらみの原因は?

日常生活で急に立ち上がると くらっとするのは、男女に関係なく誰しも起こることです。

ただこのケースだと「起立性低血圧」という症状のようです。

「起立性低血圧」とは、脳に送る血液が一時的に不足すること。それによる脳の軽いショック状態とでもいいますか。

急に立ったり座ったりすると起こります。貧血とはまた違う物らしいです。

基本的に起立性低血圧が起こるのは病気ではありません。

あくまで「一時的なもの」なので 心配は不要です。

ただ立っているときに、いきなり「くらむ」のは注意が必要とか。中には寝ている時の「寝くらみ」もあるとか。

貧血にも似たような症状で 頭がクラクラする。それに加えて 疲れやすくなったという場合は注意。

自律神経が乱れている可能性が非常に高いみたいです。

自律神経は私たちが活動していくのに欠かせないもの。体温・血液・消化などの生命を維持するための活動を、コントロールしているいわば「司令塔」なんです。

ストレスやホルモンバランスの乱れが引き金になり、自律神経が乱れてしまうことがあります。その結果、うまく体が機能しなくなり立ちくらみに。

また、自律神経の乱れは 体の代謝活動を鈍くします。その結果 体に蓄積した老廃物が排出されずに、疲労が体に残ってし

自律神経の乱れが「立ちくらみ」と「疲労」の引き金になっているようです。

特に気をつけたい女性

・生理前はホルモンバランスが乱れるので注意が必要です。この時期はあまり活動的にならない方が吉。

・出産後の女性は ホルモンバランスが乱れています。エストロゲンという女性ホルモンが、自律神経と関わってきますので 乱れやすくなるんですね。

・更年期を迎えた女性も注意が必要。同じく女性ホルモンが乱れやすいので、立ちくらみも疲れやすさも起こります。
・普段からストレスがたまりやすい女性も注意が必要です。

-PR-


対策方法

女性ホルモンの分泌をカバーする

エストロゲンの不足が招く不調ですから女性ホルモンを食事やサプリなどで補うのも一つの方法です。

大豆や納豆そして豆乳などの豆製品には、イソフラボンが豊富に含まれていますのでエストロゲンの元になります。

ただ注意点としては「過剰に摂取するのは厳禁」ということ。

適量を守らなければ、生理周期が乱れる可能性があります。豆製品だけを過剰に取るのは辞めましょう。

あとはプラセンタなど、ホルモンバランスの分泌を調整するものだと、過剰摂取の心配なく体のバランスを保つことができるので良いです。

●疲労回復の新定番、「へとへと」な体に効く「イミダペプチド」

イミダペプチドのサプリメント

-PR-


-PR-