甘いものの食べ過ぎは疲労につながる?低血糖が疲れやすい体を作る理由は

AMI88_ba-mukuhenuma-500

「疲労回復には甘い物をとると良い」っていうけれど
食べ過ぎたら逆に疲れるっていうのは 本当なの?

何事もほどほどという言葉があるように 口に入れるものは
適量を守らないと 体の害にしかならなから注意が必要です。
甘い物にしても それは同じ事です。

体が疲れたら甘い物が欲しくなるから いいんじゃないの?
そういう声もたしかにあります。実際体が疲労していしまうと
エネルギーを消耗するから 糖分が不足してしまいがち。

糖分を補給することによって 血糖値が回復するので疲労回復。
これは事実なのですが 甘い物は習慣化しやすいがために
普段からもちょっとした習慣のように 体が欲してしまうのが問題。

ご飯にも糖分がありますが それ以外の糖分は中毒性があります。
中にはストレス解消の為に 甘い物を過剰に取る女性もいますが
これは体の疲労を強めてしまうので 注意が必要なんです。

甘い物の取りすぎが駄目なワケ

疲れてないのに 糖分を過剰摂取すると 急激に血糖値が上がります。
通常に上がるのは問題ないのですが「急激に上がる」のが問題です。
血糖値を下げるために インスリンが過剰に分泌されてしまいます。

インスリンの分泌は膵臓で行われますから 膵臓が活発化することで
疲労がたまりやすくなってしまうんです。

低血糖を起こしてしまうモノ

甘い物の取り過ぎも原因になりますが カフェインの取りすぎも厳禁。
血糖値を急激に上げる危険性があります。

あと意外と見落とされがちなのが「脂肪」の取りすぎでもそうなります。
炭水化物にも注意。

低血糖対策に必要なこと

・とにかく食事の「とりすぎ」に注意することが大事。どか食いやけ食いは
膵臓を疲れさせるもとになります。胃が疲れそうなイメージがあるかも
しれませんが 疲労に関わってくるのは膵臓なんです。

・適度な運動をすることで 血糖値を抑えることができます。

・ストレスがたまると 血糖値を急激に変動させるので注意が必要です。

-PR-