生理前に疲れやすいのはどうして?エストロゲンの減少が起こす疲労とは

22f077bcc3e1f81304d36441484866c1_s

生理前に決まって感じる体の不調はPMSによるものです。女性ホルモンバランスを整えるケアが必要になります。

個人によって、エストロゲンが高いのか低いのか、プロゲステロンも高いのか低いのかが違います。

その人にあった対策をたてる必要があります。

対策方法を紹介する前に、そもそもどうして「疲れ」と「女性ホルモン」が関わっているのかを紹介します。

-PR-

生理前に感じる疲労は、エストロゲンのせい

普段に比べて、なぜか生理前になると倦怠感や体力の衰え、疲れやすさを感じる方も多いです。

これはPMS(月経前症候群)という女性ホルモンのバランスの乱れで起こる、一時的な不調の一つ。

個人によって感じる症状に違いがあり、その症状は細かく分けると100種類とも150種類とも言われています。

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」の分泌減少により、疲れやすくなります。

エストロゲンには、血管を拡張して血液を流れやすくする作用があります。

この分泌が減ると、血管が広がることが少なくなり、血行不良になりやすくなります。

血行が悪いと、血液によって回収する老廃物・乳酸などの”疲労物質”がうまく心臓に運ばれません。

いつまでも血管内に蓄積してしまいこれが疲労を感じる元になるのです。

血液の流れは、体の筋肉によっても押し流す力があります。

ですが女性は特に下半身の筋力が弱いので、老廃物の回収を助けるほど筋肉が働いてくれないのです。

これが、肉体的な疲労を感じる原因となります。

イライラすると、「疲労感」が増す

肉体的な疲れ以外に、もう一つ厄介なのが「精神的な疲れ」。

生理前だと女性ホルモンの関係で、イライラしやすい方も多いです。

イライラするとその分「活性酸素」と呼ばれる悪玉酸素が体に蓄積します。

仮性酸素は脳の細胞を攻撃して、「疲労感」や「倦怠感」を作り出してしまうのです。

実際にはそこまで肉体疲労がないにも関わらず、妙なけだるさや疲労感を感じるのであれば、”イライラ”が原因です。

問題なのは、女性ホルモンのバランスが悪いこと。

それを改善すればイライラも収まり、疲労感を感じずに済みます。

疲れのケアには、女性ホルモンバランスの調整が必要

もちろん疲れたら無理をせず休息をとることが大事ですが、それでは生理を迎えるたびに同じ事を繰り返してしまいます。

エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンの分泌調整が必要です。

ただし、気をつけたいところがあります。

「エストロゲンが少なくてプロゲステロンが多いとは限らない」ということ。

最近の研究結果で明らかになったのですが、PMSは一律同じではありません。

いくつかのタイプに分かれるのだそうです。

今回のケースですと、エストロゲンの量が少ないのは明らかですが、プロゲステロンも少ない場合と、多い場合が考えられます。

「疲れを感じる場合」はプロゲステロンが過剰なのか少ないのか判断が難しいところ。その場合はプロゲステロンの分泌を調整するものを、取り入れると良いでしょう。

ピルは一長一短

ホルモンバランスを整える方法に「低容量ピル」があります。

ピルには避妊効果だけでなく、月経前のホルモンバランスの変化を抑える働きが期待できるのです。

ピルは市販の家庭薬のように薬局で買うことはできません。

婦人科または内科で処方してもらいますが、副作用のリスクも高く、あまりオススメはできない方法です。

主なものとして、吐き気やむかつき、頭痛、むくみ、乳房の痛み。不妊や子宮の病気リスクが高くなる、など色々な悪影響の可能性があるのです。

【40代女性向け】疲れに効くサプリメントはこちら

ホルモンバランス調整なら「プラセンタ」

“安全に”ホルモンバランスの乱れを調整するなら「プラセンタ」を使うのが良いです。

動物の胎盤から抽出されたもので、豊富な栄養を含む他に、体の不調を改善する働きがあります。

女性の体の不調であれば、プラセンタを飲めばたいていのことは解決します。

それくらい万能の成分として注目されているのです。

実際にプラセンタを研究する学会では、20種類の効果があると発表しています。

もともとがプラセンタは、生理不順を解消するものとして有名な成分です。

ホルモンバランスの調整も、20種類ある中の1つとして注目されています。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスを整える働きがあるのです。

プラセンタ自体には女性ホルモンは含まれませんので、体に害になることがありません。

分泌が弱くなっているのなら、本来の適切な量に分泌する。

反対に多ければ分泌を減らす。プラセンタにはそうした作用があるのです。

プラセンタをご存じの方であれば、副作用が気になるかもしれません。

そもそもプラセンタは副作用が極めて少ない成分です。

胎盤から抽出するということで、菌に感染するのではという心配が一人歩きしています。

注射を行う際には注意をした方が良いですが、サプリとして加工する分には心配有りません。

害になる成分をしっかり殺菌加工して作られたものですので。

疲労回復に効果があるプラセンタサプリとして、評判が良かったのが「マカ・プラセンタ」というサプリ。

実際に口コミを見ても、「疲れにくくなった」「生理前の”だるおも”がなくなった」「昼寝をしなくても平気」との声。

本当のところ、どうなのか体験してみました。

マカ・プラセンタを実際に使ってみた感想 >>

-PR-
100円

寝ても疲れがとれない主婦の方へ。疲れをとるにはサプリをとるのも一つ。

家事に育児に追われて、なかなか自分の時間が持てない・・主婦は年中無休だからツライですよね。


寝ても疲れがとれず、朝から気だるい。
夕方になるとクタクタで、家事も残したままで寝てしまう。

旦那さんの目もあるし、自分自身の情けなさもある。でも体がついていかない・・

マルチビタミンとか、チョコラBBを飲んで、疲れを"ごまかして"いませんか?でも、ほとんどの場合気休めにしかなりません。

女性に必要な栄養補給って、ビタミンじゃないんですよ。ビタミンはあくまでサポート役で、直接疲れをなくすワケではありません。

●朝の目覚めをよくしたい

●疲れたら"肌が荒れる"のを、何とかしたい

●一日を元気に過ごしたい

のであれば、次のページをご覧になってみてくださいね。

"疲れ"そのものを何とかしたい方 >>

疲れると"肌の調子が悪くなる"方 >>

-PR-