当サイトについて

「疲れた・・」誰もが思わず口にしてしまう言葉。
そんな言葉が口癖になる人生とはサヨナラしましょう。

私自身 もとから疲れやすい体質に悩まされていました。
いろいろと自分なりに調べた結果 今まで常識と思っていた
ことも実は疲れを溜める原因となっていたことに驚きました。

同じように 疲労で悩んでいるけれど正しいケアをしていなく
余計に疲れが溜まって困っている人の助けになれればいいな
そういった思いでこのサイトを作成しました。

現代社会は とにかくゆとりがなくて忙しい毎日。
いつの間にか競争ばかり求められて 頑張ることが当たり前。
頑張らないことが後ろめたい社会。

子供から大人さらにはシニアの方まで
「疲れ」は誰しも抱えているもの。

・スマホのしすぎで目が疲れた
・椅子に座りすぎて腰が疲れた
・立ち仕事で足がパンパンになった
・力仕事で筋肉痛
・ご近所付き合いで気疲れする

ざっとあげるだけでも 老若男女バラバラな疲れを抱えながら
それと戦いながら生きてるんです。

でも疲れって その部分だけを休ませればいいとは限らないのが
難しいところなんですよね。

たとえば目が疲れていたら 実は脳の疲れが原因だった。
体の疲れが抜けないと寝ていても回復しないのは睡眠じゃなくて
血行の仕業だった。

疲れは体が「休ませろ」というシグナルを出しますが
必ずしもそこを休ませたらいいというものでもなく。
根っこの原因を掴んであげないと 良くなりません。

疲労に関しては まだまだしっかりした知識を持つ人が少ない分野。
だから周りから何となく疲労に良いよと言われたことを鵜呑みにして
実行しているだけ。

それで解消すればいいけれど 一向に良くならない場合は疲れについての
理解が足りないから なのかもしれない。

まだまだ誤解されていることはありますし 知っておくべきことも
実にたくさんあります。

疲れが出ると その部分をどうやって回復させるかにばかり
目がいきがちだけど どうして疲労が起こるのかについて
正しい知識を持っていれば 後々応用が効いてきます。

疲れが取れたつもりでも 実は気持ちだけがスッキリしていて
肝心の疲労はサッパリ取れてなく 体をむしばんでいることもあります。
そうなってからでは遅いんです。

当サイトを通じて 一人でも多くの方が「疲労」に関する
正しい知識を得て 毎日の生活に応用する。

毎日をもっと明るく軽やかに遅れるようになってくれたら
こんなに嬉しいことはありません。

「疲れた」が癖になっている人生から 解放されませんか?

-PR-